未来通信研究センター

通信EMC部門

車載イーサーネット機器EMC評価技術の研究

車載ネットワーク用EMC対策デバイスのEMC測定法の研究及び標準化活動

・100BASE-T1、1000BASE-T1、10BASE-T1S等に用いられる
 コモンモードチョークやESD(静電気放電)保護素子を主対象に、
 試験基板の最適化
・測定精度確保のための要求事項の明確化
・校正手法の明確化を実施し、特性評価の信頼性向上に寄与

EMC対策デバイスに対するESDダメージ試験の測定法の研究及び標準化活動

・試験基板の最適化を実施し特性評価の信頼性向上に寄与
・TLP-HMM(Transmission Line Pulse – Human Metal Model)
 のESD試験機の代用可能性を検討し、ESD試験の安定性向上に
 寄与

TLPを用いたESD飽和試験の測定法及び標準化活動

・試験パラメータを明確化、校正手法を提案し、特性評価の信頼性
 向上に寄与

Powered ESDによる車載イーサネットICの通信品質に対する影響の研究

・モード変換により差動通信系に重畳するノイズ特性の解明
・通信エラーを引き起こす機構の解明
・ノイズ特性、通信特性を定量的にシミュレート可能な
 ソフトウェアの開発

ワイヤハーネスを含むEMC評価系の研究

・ワイヤハーネスの敷設条件、EUTの設置条件によるコモン・
 ディファレンシャルモードノイズの結合・伝搬量の変化を解析